• まこブログ
  • 代表Blog
  • 部長Blog
  • キラBlog
  • ちかブログ
  • FANS限定
代表Blog

あの時の出逢い

皆様こんにちは。

代表の本内です。

 

今日は正直な気持ちを綴ります。

 

私たち本内家具が取り扱いさせて頂いている

マスターウォールについて。

 

 

 

 

 

 

正直な気持ち。

 

 

最初は

 

 

 

 

価格が高い家具だな。

 

 

 

 

と思っていました。

 

 

 

 

2016年当時、ダイニングセット(テーブルとチェアの組み合わせ)で販売の平均単価が35,000〜40,000円程だった本内家具。

 

 

今だから笑い話になるかもしれないが、

40,000円ほどのダイニングセットを販売するのにも苦労していました。

 

そんな人口50,000人を割る倉吉市にある

小さな本内家具がマスターウォールの展示を始めたのが2016年。

 

最初にダイニングテーブルとして

展示スタートをしたのが、マスターウォールの代表的なワイルドウッドダイニングテーブルだった。

 

今でさえ本内家具の中においてベーシックラインで不動の人気を誇っているダイニングテーブルだが、4年前の当時からすると、それはそれはお高い商品だった。

 

マスターウォールのワイルドウッドのダイニングテーブルは、サイズを160センチ幅にした場合、価格にして20万円あたり。

 

決して即決できる価格ではない。

 

 

 

 

2016年の夏に初めて展示してすぐにはやはり売れなかった。

 

 

 

 

 

そんな時にしばらくして、W様の奥様と出逢う。

 

 

 

 

 

 

「ダイニングテーブルを探しているのだけれど、あなたのオススメはどちら?」

 

一言言われたのを今でも鮮明に覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の私は正直、自信がなかった。

 

 

 

自身の中では満点以上のマスターウォール。

だが、それをお客様にお勧めさせて頂くだけの勇気がない。

 

胸が張り裂けそうだった。

 

 

はっきり言って自信はなかった。

 

 

 

お客様に間違いなく価格をお伝えすれば、

 

 

 

高い。

 

 

 

 

と思われるに違いないだろう。

 

 

 

恐怖だ。

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキしながら、

マスターウォールのダイニングテーブルの

取引にあっての想い。木目の美しさ。自分がこれまでに見てきたダイニングテーブルの中で1番に輝いて見えているという事。メーカーのブランド。マスターウォールはお客様に長く愛着をもって使って頂ける点。

 

 

 

 

できるだけ頑張った。

 

 

でも無理かもしれないと思った。

 

 

「あらそう。高いのね。」

 

 

 

 

 

 

 

と言われると思った。

 

 

 

なにせ本内家具は、ダイニングセット平均40,000円までの家具販売店だったから。

 

 

 

 

 

 

 

奥様はゆっくりと口を開かれこう言われた。

 

 

 

 

 

 

「良いものは良い。

素敵ですね。

あなたの一生懸命な気持ちが伝わりました。

こちらのテーブルを我が家に届けてくださるかしら。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時がとまった。

 

 

 

嬉しかったというより、

驚いてしまったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時に熱いものが胸にこみ上げてきた。

 

 

 

 

 

W様が帰られた後、真っ先にスタッフたちに

「W様にお買い上げ頂いた!

すごく嬉しい!!すごく嬉しい!!」

と叫び報告したのを覚えている。

 

 

 

 

実はマスターウォールを展示し始めてから、

数ヶ月は全く売れなかった。

 

 

 

 

お客様にご案内してもひたすら、

高い。

無理。

求めてない。

 

そう言われ続けた。

 

 

 

 

 

 

心が折れそうになったこともある。

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターウォールは自分のエゴなのかと。

 

 

 

 

 

 

でも、W様の奥様の一言に

私は私でいられた。

私らしく今日まで頑張ってこれた。

 

 

 

 

 

 

人は自信を失う時が必ずくる。

 

 

 

 

でも自信の取り戻しは自分で生み出せるものではない。相手があって初めて自信を掴むものだ。

 

 

 

 

 

 

だから、相手に正直に気持ちを伝えることが本当に大切だと思う。

 

 

 

 

1億や10億の家具を販売するより、

W様にダイニングテーブルを買って頂いたことが

私にとって最高の人生における宝物です。

 

 

 

 

 

 

W様との出逢いでその後の人生は変わりました。

 

 

 

 

 

その後、米子市へお引越しされた

W様ご夫婦、今も元気にされていますか。

 

 

 

 

 

改めて言わせて下さい。

心からありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

ブログを書いていて久しぶりに会いたくなりました。

 

 

 

 

 

私のファーストゲストであるW様ご夫婦。

 

 

ずっとずっと大事です。

 

 

 

心の中でずっと鮮明に残る

マスターウォールのダイニングテーブルを取り囲んでのW様との時間。

 

 

この先も自分の胸の中に大切にしまっておきます。

 

 

ご拝読ありがとうございます。

(2016年11月 W様ご夫婦と)

 

代表取締役 本内 友樹

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧